• Home
  • 医院案内
  • 医師紹介
  • アクセス
  • Q&A
  • お問い合わせ

診療案内

診療案内

診療カレンダー

診療カレンダー

モバイルサイトはこちらのQRコードを読み取ってください

インプラント

自分の歯で噛める喜びをもう一度

自分の歯で噛める喜びをもう一度

歯を失ってしまった時、骨の部分に人工の歯(人口歯根)を埋め込んで、まるで自分の歯が元通りになったかのように治療する事をインプラント治療といいます。

 

健康な隣の歯まで削る必要がありました。

少数の歯を失った場合、今まではブリッジを使う治療が一般的でしたが、健康な隣の歯まで削る必要がありました。

 

これまでと同じように食事を楽しむことができます。

それに比べてインプラントは、チタン製の人工歯根を正常な歯と同じようにあごの骨に埋め込みます。噛む力を直接あごの骨で受けるため、強い力で噛めるようになり、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

インプラント義歯
全ての歯を失ってしまった場合には、インプラント義歯という治療法があります。 顎の骨にインプラントを数本打ち込み、打ち込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着するという治療法です。
入れ歯からインプラントへ
インプラントのメリット
  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来、食べ物の感触がよくわかります。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるので骨が痩せるのを防ぎます。
インプラントのデメリット 
  • 外科的な手術が必要になります。
  • 他の治療に比べて自費治療になるため治療費が高額になりがちです。
  • 骨への定着期間を入れると治療期間が少し長くなります。

※保険外診療となります。
骨の状態、全身状態により適用とならない場合があります。詳細は担当医までご相談ください。

このページの先頭へ